Illustrator可愛いドット柄作成手順

 

Illustratorドット柄作成手順

 

 

スウォッチ機能を使用し簡単作成!ドット柄

スウォッチは柄素材を作成する上で

大変便利な機能です。

前回のストライプ柄に引き続き今回はドット柄を

作成していきましょう♪

 

基本のドット柄作成方法

①正円を作成します。

楕円形ツールを選択したまま、キャンパス上でワンクリックすると

楕円形のウィンドウが表示されます。

幅・大きさを適当に記入します。(幅・高さを同じの正円にします)

 

 

 

②先ほど作成した正円の背後に正方形を作成します。

正円より大きめに設定しましょう。

(ここではわかりやすく赤で表示しています。)

正方形は不透明0に、透明にします。

 

③スウォッチ欄にドラッグ&ドロップし、

作成した絵に適応させます。

 

ドットのバリエーションを増やそう!

 

先ほどは基本的なドット柄作成手順でした。

良く考えると…何かが違う!?

良く見るドット柄は斜めに並んでいます。

 

斜めに並ぶドット柄作成方法

 

オブジェクト→変形→回転

数値45°と入力します。

そうです!これこれ。

定番のドット柄が作成できました。

 

ドット柄を細かくする

 

オブジェクト→変形→拡大・縮小

適当に数値を入力します。

 

先ほどより、小さくなりました♪

小さい柄も可愛いです。

 

今回はドット柄の素材を作成しました!

この方法を利用・応用することによって、

作成できる柄の幅もぐんと広がります。

皆さんも是非、スウォッチ機能を活用してみてください♪