根本的ないちご鼻改善方法【原因・正しいケアを知ろう】

2019年3月21日

 

 

 

 

夕方に鼻を触るとぶつぶつしている!毛穴専用の化粧品をあれこれ使っても黒ずみ毛穴が改善しない!

というそこのあなた。根本的な問題から解決し、いちご鼻を根こそぎ解消しませんか?

 

 

根本的ないちご鼻改善方法【原因・正しいケアを知ろう】

 

いちご鼻について知ることで解決方法が見えてきます。自分がどのパターンに当てはまるか分析しましょう。

 

ぶつぶつ黒ずみ毛穴の正体は?

 

答えは2つあります。それぞれの原因や特徴をまとめました。

 

 

「酸化した角栓」

角栓とは

たまに頭が出ていて、引っこ抜くとニュルンと出てくるあの黄色く細長い物体です。

角質と皮脂が混ざり合ってできています。

これが空気や菌や汚れに触れることで、酸化し黒くいちごの種のようになるのです。

また皮脂分泌が過剰になることで毛穴が肥大してしまします。

色は黒く、触ってざらざらしているのが特徴です。

 

この酸化した角栓を放置すると、一度できるとやっかいなメラミン毛穴へと悪化していきます。

 

 

「メラニン毛穴」

メラミン毛穴とは

紫外線対策や正常なターンオーバーがされないため、毛穴の入り口にメラミン色素を含んだ細胞が残ったままになり、シミになってしまうことでできます。

また、洗顔時の擦りすぎ・刺激の与えすぎで色素沈殿してしまうことでもできます。

触ってもツルっとしていて、黒というより茶色っぽいことが特徴です。

 

番外編…たるみ毛穴

コラーゲン配合!セラミド配合○○化粧水!

実はその成分毛穴に効果ないかも…

年齢と共に気になるたるみ毛穴を解決に導く成分について徹底調査した

最近の記事があるので、こちらもどうぞ!

たるみ毛穴対策ケア・効果アリ改善に導く化粧品成分はコレだ!

 

 

正体からわかったいちご鼻の原因

 

ここまでで、

いちご鼻を解消するためには、角栓を新しいものに取り換えるための「正常なターンオーバー」と

「皮脂の正常な分泌」と「紫外線対策」がキーポイントとなってくることがわかりました。

 

 

取り除くケアは逆効果

 

不思議なことに、

過剰なピーリングにより角質が溶け皮膚が薄くなり、乾燥肌になることで、皮脂が大量分泌されます。

過剰な洗顔やあぶらとりがみで小まめに皮脂を取り除くことも、皮脂腺を活発にさせ皮脂が大量分泌されます。

皮脂の大量分泌は毛穴肥大へと繋がっています。

このことから、根本的にイチゴ鼻を解決したいのであれば

出てしまったものをケアするのではなく、

角質や皮脂を正常保つケア、ターンオーバーを正常に戻すケアに変えるべきと言えるでしょう。

 

 

正常なターンオーバーに戻そう

 

肌のターンオーバーが正常ならば角質は新しく作られて古いものは剥がれ落ちていきます。

黒ずみの改善に正常なターンオーバーはかかせないものです。

しかし、乱れた生活習慣やストレス、擦りすぎのスキンケアなどによりターンオーバーは乱れていきます。

ではどうすれば正常化できるのでしょうか。

 

正常なターンオーバーを促す生活習慣

 

 

バランスの良い食事

・脂っこい食事は避けましょう。脂を摂りすぎると皮脂の分泌量が増えます。

・塩分の多い食事を避け、お酒を飲む時は水分不足に気を付けましょう。体が水分不足になると、皮膚が乾燥し皮脂の分泌量が増えます。

・糖代謝が十分されないと皮脂分泌が起きます。豚肉に多く含まれるビタミンB1は糖代謝を助けるため積極的に摂取しましょう。

・そのほかのビタミンB2・B6は脂代謝を助け、皮脂分泌を抑えます。

例…大豆・まいたけ・きゅうり・アボカド・バナナ

・ビタミンCは皮脂分泌を抑えます。

例…いちご・ほうれん草・ブロッコリー・小松菜・ピーマン・パプリカ・キャベツ・さつまいも・ミニトマトなど

 

質の良い睡眠

夜22時~深夜2時「肌のゴールデンタイム」に三時間熟睡することで、成長ホルモンが分泌されターンオーバーを促進します。

 

 

適度な運動

体を動かすと血行が良くなり、栄養が体の隅々に届くことによってターンオーバーが促進されます。

軽い運動やストレッチを習慣づけると効果的です。

 

紫外線予防はしっかりと

紫外線を浴びることでターンオーバーが早まり、角質が未完成のまま肌に残ります。

また紫外線はメラミン毛穴の最大の原因となります。

肌の保湿や日焼け止めクリームの使用を習慣づけましょう。

 

洗顔しすぎない・摩擦しすぎない正しい洗顔方法で、顔を清潔に保つ

洗顔時の擦りすぎはターンオーバーを早めてしまったり、色素沈殿の原因となります。

また、ピーリングなどの洗顔料は肌のターンオーバーを早めて、薄く敏感な肌にしてしまいます。天然のクレイが入ったもの等優しく洗える、自分の肌に合った洗顔料を選びましょう。

 

また、正常なターンオーバーを促すために、健康な肌の人は朝・夜の1日2回の洗顔が理想と言われています。

ただし、朝は洗いすぎにならないように軽めに、夜はTゾーンをメインとして洗うなど、洗い方の強弱をつけることがポイントです。

強弱をつけることによって、本来の肌バリア機能を守ることができます。

 

角栓は35℃~38℃で溶けます。洗顔の際はぬるま湯で温度を使って汚れを落としましょう。

 

乾燥肌のひとは洗顔を夜の一回、温度を30℃~32℃にしましょう。

オイリー肌の人も洗顔は1日2回までにしましょう。

 

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

毛穴対策の化粧品に手を出す前に基本的な見直しをして、いちご鼻の根本的な解決を目指しましょう!