モロッカンオイル使用で絹糸並みさらさら髪

みなさんヘアオイルはお使いでしょうか?

髪をケアしながら、毎日のスタイリングを楽にしてくれるヘアオイル。

今回はそんなヘアオイルの中でも人気を集める「モロッカンオイル」について、ご紹介していきます。

モロッカンオイルとは

モロッコに生育するアルガンという木から抽出した上質なアルガンオイルのみを含んだヘアオイルです。

保湿効果の高い必須脂肪酸や、

天然の防腐剤とも呼ばれる美容成分であるビタミンEを豊富に含んだこのアルガンオイル、

使えば使うほどに髪を美しくし、内側から髪を補修する効果があります。

また乾燥や紫外線等の外部ダメージからも髪を守ります。

モロッカンオイルの使い方

モロッカンオイルには様々な使い方があります。

洗い流さないトリートメントとして

風呂上がりにタオルドライをした後、

だいたい一円玉程の量(ワンプッシュ)を髪の毛先からなじませていきます。

髪の長さと使用量の目安

※ショート…0.5プッシュ

ミディアム…1プッシュ

ロング…1.5プッシュ

オイルをつける箇所

洗髪後の髪の水分は毛先から抜けていくため、付ける箇所は毛先~中間までがおすすめです。

その後はドライヤーでスタイリングします。

ドライヤーでスタイリングするうちにオイルが髪全体になじんでいき

根本から絹糸並みのさらさら髪に仕上げることができます。

スタイリング剤として

スタイリング時にもモロッカンオイルは使用できます。

その仕上がりは艶やかでウェットなのに軽いのです。

モロッカンオイルには揮発性があり、程よく乾く性質をもっているので

スタイリング剤で重くギトギトな仕上がりになやすい方におすすめです。

また、ヘアアイロンをする前につけ、熱のダメージから髪を守ることもできます。

エクステのケア

弾力を与え、もつれにくくする効果があります。

地毛だけでなくエクステにも使えるのは嬉しいですね。

テクスチャはどうなの?

どろっとしていますが軽い印象の金色をしたオイルです。

少しオリーブオイルと似ているかもしれません。

扱った後の手はべたつかずさらっとしており、とっても扱いやすい印象です。

こんな方に向いている

ポリッシュオイル等の使い心地を重く感じる方、

重めのスタイリング剤でギトギトとした仕上がりになりがちな方に向いています。

逆に剛毛な方や乾燥がひどい髪の方には潤い面で物足りない印象かもしれません。

バニラムスクの香りで気分も上がります

この甘いバニラの香りもモロッカンオイルが人気を集める理由のひとつです。

毎日のお風呂上りが癒しの時間になること間違いなしです。

コスパはどう?

どのストアでも100mlで4000円前後の価格です。

楽天やAmazon等などでいくつか値段の異なるものが販売されています。

他より安く販売されている商品の中には、偽物が紛れている可能性もありますので

購入時には十分注意しましょう。

一本でだいたいどれくらいもつの?

もとの値段が少々高めな印象ですが、

一回使用量が少量で済むため、一本のもちは良いです。

私の髪の長さがショートからミディアムの中間なのですが、

一回につきワンプッシュつけて、一本で五か月程もちます。

極度の乾燥髪には物足りないかも

前にも述べたように、軽い使い心地で揮発性もあることから

極度の乾燥髪な方には物足りないかもしれません。

髪の柔らかめので乾燥しがちな私の髪の場合、

使用した夜はしっとりとしているものの、朝起きた時には少々毛先がパサついています。

しかし、つけないよりはるかに潤いがあるため寝ぐせもなく

朝のスタイリングも時短で簡単になり助かっています。

使用上の注意

・洗浄力のあるシャンプーで、しっかりと髪の汚れを落としてから使用しましょう。

 モロッカンオイルにはジメチコンというシリコンが含まれています。

 ジメチコンは髪に残留しやすく、蓄積することでカラーやパーマのしにくい髪質になってしまいます。

 洗浄力の弱いシャンプーではしっかりと洗い流せない場合があります。

・ジメチコンが含まれているため、頭皮には付けないようにしましょう。

 頭皮をべたつかせる原因となるため、付ける箇所は髪の毛先~中間にするよう注意しましょう。

・少量でも十分に効果はあるので、使用量は守りましょう。

つけすぎると髪がギトギトした印象になってしまいます。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

シャンプー時等の注意点はあるものの、

使いこなせば美しい髪を手に入れることのできるこのモロッカンオイル。

髪を美しく保ちたい方におすすめのヘアオイルです。

是非参考にしてみてください。