Illustrator簡単立方体の作成方法

 

Illustratorで簡単立方体の作成方法

 

 

今回はAdobeIllustratorCCで初心者でも簡単立方体を作成しましょう!

 

基本の立方体の作成方法

 

①まずは基本の立方体を作成します

多角形ツールで六角形を描きます。

(線無し・色はお好みで・shiftを押しながら描くと垂直な立方体が描けます)

 

②描いた六角形を選択し、shiftを押しながら回転させます。

(角度が表示され、決まった角度に回転させることができます

 

③出来たものを複製し、同じものを三つ作成します。

 

④その中の一つを編集していきます。

ダイレクト選択ツールで、shiftを押しながら赤丸で囲んだ三つのアンカーポイントをクリックします。

 

オブジェクト→スタイライズ→平均で2軸ともでOKを押します。

 

⑥すると、立方体を分ける線になります。

(分かりやすいように、以降色を赤に変更しておきます)

 

⑦レイヤーの上2つを選択し、結合させます

 

⑧結合したら、パスファインダーで分割→オブジェクトのグループ解除を選択します。

 

⑨すると、面ずつに選択できるようになりました。

面ごとに色を変更すれば、基本の立方体の完成です。

 

角の丸い立方体を作成する

 

⑩shift+Gでグループにした後、オブジェクト→スタイライズ→角を丸くするを選択します。

 

⑪角を丸くするでは、プレビューで変更を表示しながらお好みの半径数値を入力します。

 

⑫もう片方の、下のレイヤーも同じ手順で角を丸くします。

 

⑬角が丸い可愛い立方体が完成しました♪

 

色を変えたり、大きさを変え無造作に並べると、空間に立方体が浮いている表現ができます。

皆さんも是非挑戦してみてください♪