【満点の紅葉】滋賀大津日吉大社

2018年11月28日

 

 

滋賀で紅葉を楽しむなら日吉大社

 

滋賀県大津市坂本の日吉大社は厄除けパワースポットでありながら、11月上旬~下旬まで満点の紅葉が楽しめます。

滋賀で紅葉を存分に楽しみたい方は、行って間違いなしの場所です!

今回は日吉大社の情報や見どころをご紹介します。

 

 

 

基本情報

例年の色づき始め・・・11月上旬

見頃・・・11月上旬~11月下旬(2018年11月25日現在、三分の1程度色づき始めてない葉もあり、まだ見頃は続くとみられます)

拝観時間・・・9時~16時30分

休日・定休日・・・なし

ライトアップ・・・2018年11月10日(土)~25日(日) 17時~20時30分

所要時間・・・一時間

御朱印・・・あり

料金・・・大人)300円 小人)150円

団体30名以上270円 100名以上220円

駐車料金・・・11月等特定日は500円。基本無料(大型バスは境内に入れません。近隣のバス専用駐車場へ)

住所・・・滋賀県大津市坂本5-1-1

TEL・・・077-578-0009

アクセス・・・電車)京阪石山坂本線・坂本比叡山口駅より徒歩10分。JR湖西線・比叡山坂本駅より徒歩20分

車)名神高速道路・京都東ICより西大津バイパス(国道161号)経由で約20分

ホームページ・・・http://hiyoshitaisha.jp/

 

 

湖南から車で日吉大社に向かう

2018年11月25日 おなす&もちきん夫婦で日吉大社へ向かいます。

湖南や湖東から車で向かう方は草津イオンモールを目指してください。

近江大橋を渡ってすぐ右折、湖岸道路・西近江路を道なりです。

下坂本6丁目交差点につき当たるで、そこで左折、道なりを進めば到着です。

ゆるやかな坂道を車で上り、付近に差し掛かると鳥居と紅葉が見えてきます。

風情があり、なんとも素敵な街です。

11月等の特定期間は駐車料金が500円かかります。駐車は50台程度可能です。

駐車場に入る道は一車線で歩きの参拝客もいるため、車で来られる方は注意してください。

 

到着しました。紅葉バックの鳥居がなんとも素敵です。

あたたかい甘酒や団子を売っているお店もあるため、一息つきながら紅葉を楽しむこともでき快適です。

坂道もゆるやかで休める場所もあるため、お年寄りや子ども連れでも楽しめます。

 

魔除けの象徴の神猿(まさる)

「魔が猿、何よりも勝る」にちなんで猿が祀られています。

本物の猿がいる檻があり、超近距離で猿を見ることができます。

野菜を食べたり、くつろいだり、、愛くるしい姿を見せてくれます。

西本宮楼門(にしほんぐうろうもん)という門の見どころは屋根下の「棟持ち猿」です。

赤で囲っているところに猿がいます。たった4匹の猿が屋根を支えているのです。本当に力持ちです。また、かわいい表情をしていますので是非注目してみてください。

かわいい猿のおみくじもあります。このおみくじは置物としても飾れるのでおすすめです。

 

自然が魅力的でマイナスイオンたっぷり

見上げてもてっぺんが見えない程高く太く、存在感たっぷりのご神木に圧倒されます。

何とも神秘的です。

 

境内の中には滝もあります。

鳥の鳴き声や水の流れる音で五感から癒されます。

 

 

 

趣のある大宮橋(重要文化財)

大宮川に架かる大きな石橋です。豊臣秀吉が寄進した木の橋をこの石橋に建て直したと言われています。自然になじんでおり、なんとも趣のあるたたずまいです。

各所で見られる紅葉と社殿

 

 

頭上から紅葉が降りかかってきます。緑が残り、色とりどりの紅葉が見られました。

また数多くの社殿に様々な神様が祀られているため

祈願目的で拝観される方がたくさんいます。安産や受験合格、調理の上達まで・・・幅広く願いが叶う場所です。

そのほかの見どころ

 

実際に行けなかったのですが、日吉大社にはもっとたくさんの見どころがあります。

・金大巌(こがねのおおいわ)・・・高さ10mの岩。

・神輿収蔵庫(みこししゅうぞうこ)・・・桃山時代から江戸時代にかけてつくられた歴史を感じる神輿が展示。

・猿の霊石(さるの霊石)・・しゃがんでいる猿のような形をした岩。

 

さいごに

紅葉もさることながら、見どころが満載で

境内一周にかかる所要時間は一時間ですが、ゆっくり紅葉・自然を楽しみたい方は、何時間でも楽しむことのできる場所だと感じました。

 

滋賀で紅葉がしたいと思っている方は是非行ってみてください!満足すること間違いなしです。